読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポスティングバイトのブログ

チラシを配布するポスティングのバイトのブログです。

ポスティングバイトのマナー

スティングは自由な部分が多い仕事ですが、配付中の行動などには注意が必要です。

基本的に外で一人で行うバイトになるので、誰も見ていないと思って仕事だということを忘れてはいけません。

今回はポスティングのマナーについて考えてみました。

バイト中のマナーは?

スティングバイト中に戸建てやマンション内で住人と会ったときは、軽くでも挨拶をするべきでしょう。

スティングはこちらから一方的にポストへチラシを入れさせていただいているものになりますので、ポスティングしていることになんか文句あるのかといった態度をとってはいけません。

戸建てであれば、投函している時にそこ住人とあったら、このようなチラシを必要か確認するとよいでしょう。

また、集合住宅でも狭いメールコーナーで住人とすれ違ったり、郵便物などを取ろうとしているようなときなは、挨拶や邪魔にならないよう気をつけるようにしましょう。

スティングしていいか確認

マンションなどの集合住宅では、管理人さんがいることがあります。その際にいるにもかかわらずだまって入ってポスティングをしてはいけません。管理人さんへ必ず声をかけて配布可能か確認を行いましょう。

また、入口などに強めの警告文が表示されている場合があります。ポスティング禁止や関係者進入禁止に加えて防犯カメラで撮影、罰金、警察に通報など強く警告されている場合はあきらめて立ち去ったほうがいいでしょう。

場合によっては大きなクレームを招くことにもなりかねないので注意が必要です。

バイト中の態度

スティング中は街中を歩るくので、仕事中と自覚して行動しましょう。それも普段不快に感じるような行動を仕事中にしていたら、ポスティングバイトのイメージを悪くするだけです。

そうでなくても、あまり世間からポスティング自体のイメージは良くないですよね。

不快な行動などは、書くまでもないことが多いですが、唾を吐く、タバコ、立ちションなど、このような行為は十分に気をつけましょう。

ながらポスティングはだめ

例えばイヤホンをらしながら音楽を聴く行為ですが、ウォーキングとは違い仕事をしているので、音楽を聴きながらのポスティングを禁止しているところは多いです。

オフィスで有線の音楽聴くのと何が違うかと思われるかもしれませんが、街中を移動しているので、自転車と同じように周りにも気を配る必要があります。

特に注意が必要なのは自転車、歩行者とぶつかってしまったりなどしたら、怪我をしたり相手側に怪我をさせてしまったら大変です。

それだけでなく道を地図で確かめながら禁止物件に気をつけたりと、集中力が必要です。

そういったことから、音楽で耳をふさいでる状態は危険なのできをつけましょう。

服装にも注意 

スティング中は見た目なども最低限の身だしなみは必要です。極端に汚れたボロボロの服装などは控えたほうがいいでしょう。

ポストにチラシを配らせてもらっている立場としては、住人へ不快な思いをさせないための最低限のマナーは必要になります。常識の範囲での服装を心がけた方からいいでしょう。

マナーを守って気持よくポスティング

自由度の高い仕事のせいか、実際に今回ご紹介したようなケースはあるようです。ひどい時にはクレームに繋がることもあるので、仕事をクライアント様のチラシを代行して宣伝していることを忘れてはいけません。

スティングのマナーを守って気持よくバイトしましょう。