読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポスティングバイトのブログ

チラシを配布するポスティングのバイトのブログです。

ポスティングでチラシを捨てることって

スティングのイメージをして、本当にすべて配布をしっかりとしているのかといった不安やイメージを持たれていることがあります。一昔前では、よくこのようなことは言われていましたが、最近ではGPSを導入した会社も増えたりと、各社が配布体制をしっかりと管理しています。

チラシを捨てることは

本当にチラシを捨てることってあるのかというと、実際にはこのようなことは起きてしまうのが事実のようです。もう、10年以上ポスティングをしている人から聞いた話では、川に捨てて大量のチラシが発見されたり、自宅に配らずに隠し持っていたということもあったみたいです。

これにはなにが原因なのかと、考えると基本的には会社の教育なども大事になってきます。ポスティングというお仕事が、ちょっと特殊な業種ということもあるのか、これを仕事として行っている配布員さんたちの意識が重要なのかと思っています。

チラシはクライアントさんからあずかった宣伝広告であって、私たちのものではないのです。ポスティングを行う以前に、チラシを作るという工程があるわけで、そのチラシには企画からデザイン、印刷とさまざまな部分で手間がかかっています。そして、このチラシがその企業にとって大事な集客を戦略としてのアイテムとなっているわけです。

そのチラシを捨てることというのは、手間暇とお金がかかった人様のものを勝手に捨ててるということです。それも、集客という期待を寄せて、依頼されているポスティング会社で、そのチラシを実際に配布している人間がそれを行っているということがどれだけ大変なことをしているか、私たちが深刻に考えなければいけないことです。

スティング会社は

チラシが捨てられるということはポスティング会社として、たいへん大きなイメージダウンとなります。会社が意図的にこのようなことを行っているということはないわけです。

ここ数年で、ポスティングの体制は大変向上していて、配布スタッフの管理もGPSの所持はあたりまえになってきています。それだけではなく、採用時点から学生や短期などの募集をせず、面接なども集団で大量に雇うといったことを行わないで、各配布員にしっかりと仕事について研修を行っている会社もあります。

しかし、それでもまれに捨てられてしますといった不正が起こる事態ということはあります。人が動いて行う仕事ですから、どんなにスタッフの管理を徹底したとしてもおきてしまうことはあるのかもしれません。

だからといって、どうせ捨てられてしますからといって、いいかげんなポスティングの依頼をすることは、それこそチラシの無駄になってしまうので、そのようなことは心配せずに、ひとつのマーケティングとしてポスティングを使って欲しいです。

それだけ、ポスティングは配布体制はレベルの高いものとなっているます。GPSやモニターチェックの配備などで、配布員の動きはわかるようになっているので、もし捨てているようなこがあれば、まずわかってしますでしょう。

これは、配布スタッフを会社が信頼していないということではありません。ひとりの配布員として信頼はしていますが、スタッフは一人だけではありませんからね。これは仕事として、目に触れないところで仕事を行うポスティングとしてはしょうがないことなのです。重要なのはそのようなことは気にせずあたえられたチラシを指示通りに配布することなのですから。

このお仕事は、完全歩合のものがほとんどです。歩合のお仕事は自分ががんばった分だけ、稼げるお仕事です。割にあわないお仕事なんてたくさんあります。歩合の仕事でずるをしても、自分にはいいようには帰ってきません。それならば、しっかりと配ってその分の評価をしてもらったほうが、気持ち的にも達成感もありすよね。

徐々にポスティング自体の評価も変わってきています。チラシの宣伝として代表的な、方法としてポスティングはこれからも必要なものですので、わたしたち配布員が宣伝の代行をしているといった意識を持って行うことが重要でしょう。

ポスティングのバイトはきついのになんで人気があるのか

スティングの仕事はキツイなどとネットなどでよく目にするけど、実際はどうなのと思っているかたはいませんか?

経験者としてはたしかに大変なバイトの部類には入ると思いますが、きついけどとても自由度の高いメリットも多いお仕事になります。

今回はポスティングバイトのどのようなところがきついのか、なぜ人気があるのかを書きたいと思います。

自由な働き方で人気

スティングバイトやっていると友人たちからは、暑い日に大量のチラシを持って歩き回るのは大変そう、などのイメージがあると聞きます。

実際バイトでの出来事や聞いた話を、友人に話すと驚かれるこは多いかもしれません。ただ、きついというところだけに驚かれるわけでわなく、ちょっと特殊なお仕事になるので、僕が聞いた話などを話すとびっくりするといったとこともあるかもしれません。

スティングを知らないと、チラシをポストに入れるといったざっくりしたイメージしか浮かんでこないんじゃないでしょうか。ぼくもこのバイトをやるまではそんなイメージを持っていました、初めて見ると思ったよりも単純ではなくいろいろとメリットの多い仕事だなと感じました。

この仕事の魅力をいくつかあげると、普通のバイトに比べてもとても自由な働き方ができます。ダブルワークや副業としてもできますし、家事や子育てをしながらも働けてしまいます。

沢山働きたい人、少し仕事がしたいといったような働き方も大歓迎のお仕事です。また、きついしごとですが自分のペースでやれてしっかしろ休憩したりできるので、他のきついといわれているバイトと比べてもそんなに厳しいものではないように思えます。

スティングバイトのここがきつい

このバイトのきついところの代表的なものとして

  • 長時間沢山のチラシを持って歩く
  • 夏や寒い季節に外で歩き回る
  • 住人や管理人に注意を受ける

などをよく聞くのではないでしょうか。

基本的に外で歩く仕事のなので、働く時間によっては長い時間歩くことになります。移動は自転車やバイクを使いますが、チラシを鞄に入れて歩いたり、階段を上ったりするので体力は必要になります。

外で行う仕事なので、夏や冬はどうしてもきつい仕事になります。これは外でやる仕事では、しょうがないことですので、その季節ごとにしっかりと対策を行うことが必要です。また、雨の日や天候に左右されることも多いので大変です。

スティングは全ての住人に許可をもらって配布しているわけではありません。マンションなどのも管理人さんがいるので、拒否されたり注意されるとがあります。ただ、人によってはこころよく受け入れてくれる人もいるので、チラシを渡してもいいか確認してみることも必要です。

このようにきついバイトとして、大変なところはいくつかありますが、工夫次第で負担を軽くしたりすることもできるので、すべてがデメリットではありません。

他の仕事でも体を動かす仕事は疲れますし、お客さんに怒られたりとどの仕事でもあるものなので、ポスティングだけひどすぎるといったことはないと思います。

バイトのここがいい

スティングバイトのいいところは、前述したようにさまざまな働き方ができます。他にもいろいろな点で、この仕事をしているんじゃないでしょうか。

いろんな場所に行くので散歩が好きな人はさまざまな街に詳しくなれます。ダイエットをしたい人はウォーキング効果が抜群なので痩せるにはもってこいでしょう。仕事をしているときは一人なので、人間関係に煩わしさを感じていた人はひとりでゆっくりと仕事をできます。

固定型という配布は、自宅周辺をポスティングするので、家からスタートして好きな時間に仕事できてない良く感覚で、それも普通のバイトくらいお給料を貰えます。

人によってさまざまなメリットがある仕事なので、他の仕事に比べてもなぜこの仕事をしているのかといった理由がしかりっとしていて、それをメリットに働いている方多いバイトじゃないかと思いますね

ポステイングのメリットはなに?

ポステイングのバイトには、どんなメリットがあるのでしょうか。他にもさまさまざまな仕事がありますが、その中でもポステイングは大変なバイトの部類に入るものです。

この仕事にはこんなメリットがあるから、始めた、やっているといった、各自の考えがあると思います。ポスティングのバイトをして、どのようなメリットやデメリットがあるのかを考えてみました。

どんなメリット

長いときは一日歩き続ける、とても大変な仕事のポステイングのバイトは、どのようなメリットはがあるのでしょうか。

時間を作れる時に、バイトできる。
シフトの融通がきく
仕事しながら運動できる
家事や子育て中の合間を有効的に使える
働いた分だけ稼げる

働く時間から給与面など、自由なところは多い方ではないでしょうか。歩合ということもあって、与えられた仕事をしっかりとこなせば、掛け持ちもできて普通のバイトより稼ぐことも場合によってはできます。

なかなか、できる人できない人もわかれるしごとなので、それなりにメリットがないと続けるのは難しいのかもしれません。しかし、条件が当てはまれば、いい仕事ではないでしょうか。

ポステイングのデメリットは?

メリットだけでは、大変な仕事なので、しっかりと大変なところもわかってバイトすることも大事です。夏はあの炎天下である続け、学生の部活なみにきついく、精神力・体力も必要です。冬は寒いので、手は冷たく、雨や雪の日もチラシに気を使ってチラシを巻かなければなりません。ときにはポステイング中に、配らないでと注意されることもあります。このようなデメリットをわかりつつも、それだけ良いところもあるので、上手く自分にあった予定で仕事をしてみてください。

自分はポステイングをした始めたきっかけは、仕事しながらバイトできることを、メリットだと思ったからです。キツイこともありますが、しっかりと予定たてて無理しすぎなければ、色々融通も効いてとても助かっています。少し特殊なバイトですが、メリットデメリットを上手く使い分けて、頑張りましょう。

雨の日のポスティングと雨対策

野外で行う仕事では季節や天候に左右されることが多いですが、ポスティングもそのひとつになります。 ポスティングの場合はチラシなどの紙を扱うため雨などの天候には気をつかうお仕事になります。

特に雨の日は、降水量などにもよりますが配布をするかしないかの判断をする必要があります。 ここでは雨の日ポスティングとその対策について書きます。

雨でもポスティングはする?

基本的には雨の日にポスティングはしないほうがよいでしょう。 雨の日でも配布してほしい、してほしくないといったお客様はさまざまです。 管理がしっかりとしている会社であれば無理な配布をしないよう、 雨が続いてしまった場合などはクライアントと側にも了解を得て配布期間を延ばしたりします。

なぜ無理に配布をしないかというと、雨の日にポスティングすることは、さまざまなデメリットがあるからです。 雨の降り方にもよりますが、気を付けてもチラシが濡れてしまう、ポストによっては入れる際に必ず濡れるなど、 傘をさすなどしてチラシを守っても、チラシを全く濡れないような状態にはできないからです。

濡れたチラシを投函して、時にはクレームへとつながるとこがありますので、雨でも配布するのは それなりのリスクがあると言えるでしょう。 濡れてくしゃくしゃになったチラシは大変見栄えが悪く、せっかくのデザインも台無しになってしまします。

このような状態のチラシを投函しても、逆に悪いイメージを与えかねません。 無理に雨が強い日にポスティングするのは、効率も悪く効果も期待できないといえるでしょう。

スティングバイトの雨対策

スティングの仕事をするときにはその日、その週の天気に注意が必要です。 初めから雨が降っている時には事前に準備ができますが、途中から雨となる日もあるので ポスティングは天気のチェックは欠かせません。

雨の際一番気を付けなければいけないのは、チラシを雨から守ることです。 そのため、濡れないためのビニール袋など準備しておかなければいけません。雨でも小雨など状況によっては配布が必要な時もありますので、雨具なども持っておくといいでしょう。 天候で注意するのはスケジュールです。

スティングのアルバイトでは、決められて期間に配布を完了させなければいけませんので スケジュール管理は必須です。 その日、一日で終了させるタイプの移動型だと、次の日に持ち越しになります。

そうなると、その日はお休みして当初出勤しない日だった日にお仕事する必要があります。 毎週のシフト制で予定を作りやすいなどメリットはありますが、雨や雪などまれにこのような時もあるでしょう。

固定型であれば1週間分のお仕事だとしたら、その週の天気を考えて動く必要があります。 いつにポスティングするかは自由なので、自分で予定を立てて、晴れの日に早めに終わらせておくなどが必要でしょう。

突然の雨や雨の続くなどありますが、事前の準備や余裕を持った予定で乗り切りましょう

ポスティングと折込チラシを比較

チラシ広告を使った宣伝で、ポスティングとよく比較されるものに、折込チラシをよく見かけます。チラシを使った宣伝広告と言われると、新聞折り込みとポスティング、このふたつを思い浮かべることが多いんじゃないでしょうか。

実際、どちらが需要があるのかと考えてみると、新聞の購読率が低下していることから、近年はポスティングが宣伝広告として需要が高いと思います。

最近では利用者が増えているポスティングですが、まだまだ折込チラシに比べるとイメージが悪いように感じます。

折込チラシと比べて、なぜポスティングはクレームが多いのか疑問に感じたので、この二つを少し違う角度から比較してみたいと思います。

スティングも折込チラシも必要なければゴミ

チラシを印刷してそれを見るということは、昔からとても当たり前のことです。しかし、ポスティングの配布物はあまりいい印象がありません。折込チラシとどのような点が違うのでしょうか。

新聞折り込みはお金を出して新聞を購入します。その新聞の中にチラシは折込チラシとして差し込まれます。ポスティングでポストに投函される、チラシは受け取る側からしたら無料です。

ここで、お金を出している新聞は、メインはもちろん折込チラシではなく新聞本体です。新聞を読みたいから、定期購読をしている人が多いはずですよね。

お金を出して新聞を取っているにもかかわらず、必要なければゴミになるチラシが入っています。それなのにポストの中にあるチラシは嫌われてしまうのでしょうか。

新聞は必要な人が取っているので、新聞を読むという目的があります。そのため、チラシの内容はサブ的な位置になります。チラシに興味がなければポスティング同様に捨てられます。

同様にポスティングも手にとって見た人が、チラシを必要とないと判断すればごみとなりますよね。

それにチラシの内容はポスティングも折込チラシも、どちらも必要とされるものが入っているのかといえば余り変わらないのではないでしょうか。ポスティングのほうがどちらかというと、住んでいる地域の情報などが多いんですよね。

こうなってくると、ポスティング自体が悪いというよりも印刷されたチラシそのものを宣伝することが悪いように思えてしましますよね。

スティングはチラシを必要な人へ届ける

ポストの中は、必要な郵便物を受け取る場所であるので、広告を受け取る場所ではないのはたしかです。といっても、新聞折込の中にあるチラシと、ポストの中にあるチラシは同じものです。

ただ、どちらの中にあるかないかの話で、どちらも本当に必要とされてそこにあるのかというと違います。しかし、中には役に立つ情報があり、それを必要としている人はいますよね。求人情報や飲食店の割引情報、地域のイベントやお祭りなどさまざまです。

これを必要な人だけにお届け出来たら良いんでしょうが完璧にそれを行うことはむずかしいでしょう。しかし、ポスティングはこれに近いことをしています。できるだけ必要な人へ届けるため、戦略的なエリアマーケティングを利用したり、むやみに必要のない人ばかりにチラシを配布しないための取り組みを行っているんです。

できるだけ届ける側としても配慮をしています。実際に配布してないなんてことは、昔に比べたらかなり少なくなりました。まだ、不正を行っているような会社の存在はなくなってはいませんが、業界全体でしっかりと反響効果を実感できる、チラシの宣伝手法としてかかせないものとなるため努力をしています。

こういったところを、みなさまに少しでも理解してもらえるとポスティングも変わってくるのではないかと思います。

比較してみて

スティングバイトのちょっとした疑問からかいてみましたが、いかがでしたでしょうか。

スティングも折込チラシもそれぞれの良さもありますし、必要としている人がいないわけではありません。だからといって、無理に矯正もしているわけではないと思います。

Webサイトでさまざまなことが、可能になっている世界でこのアナログの手法が注目されています。ネットでは自分から情報を得る場所ですが、まったく与えられないというのも知るチャンスがなくなってしまうのは勿体無いかなと思います。

僕達ポスティングバイトスタッフも気持ちよくチラシ広告をみなさまにお届けするために努力したいと思います。

一番早くポスティングできるのは自転車?バイク?

スティングの配り方で歩きなのか、自転車かバイクと大きく3つにわかれます。地域密着の固定型配布員さんたちは基本主夫の方やご年配の方が多いかと思うので、歩きや自転車でのポスティングが多いと思います。

移動型になると自転車で隣の市まで移動したりと、距離があるので自転車かバイクが必要になります。僕のポスティング会社ではあまりバイクでやってる人はいないのですが、他社になると当たり前のようにバイクで配ってることもあります。

配りやすさ

僕はバイクを運転できますが、自転車派ですね。なんかバイクでやるのは気が引けるというか、気軽においておけないし心配ですよね。あと、移動しながら配ったりとそんなきようなことはできないので、基本は自転車で移動してそこをポイントに配布するスタイルです。自転車でバリバリと僕の倍くらいの数をこなすような配布員さんもいるようですが、どうやったらそんなにできるのか教えてほしいくらいです。

スティングの時のメリット

自転車のメリットは小回りがきくし、少しのスペースに置いて配布できます。なんといっても、ガソリン代もかかりませんしね。

バイクは機動力が高いです。特に移動型の人は他のエリアまで移動するののですが、これが結構大変。2つさきの市までいくと片道だけで、自転車でも30分以上かかります。これが往復だとこれだけで疲れてしましますね。

これが、バイクだとかなり時間も体力も少ない済むのでこの辺は大きいでしょうね。僕なんかは、のんびりやるタイプなので、自転車でぶらぶらといっても平気ですが、あまり遠いのは疲れますよね。

これからの季節は、配布中は寒いので少し体を温められるという点ではウォーミングアップではありませんが、寒さ対策にはなるかもしれませんね。

かといっても、余り汗をかくと体を冷やして風邪を引くこともあるので注意が必要です。通気性のある速乾性の高いインナーを着たりと色々と気を使う部分はあるかもしれません。

今年もあとわずかとなってきました。寒さもかなり本格的になってきましたが、頑張って乗り切りたいとおもいます。

ポスティングはチラシだけじゃない!カタログやティッシュも

スティングでは、一般的にチラシと言われる、紙タイプのもの以外にとても沢山の物が配布されています。チラシだけでも、沢山紙のサイズがあります。ほかには、本くらい厚みのあるカタログやビニールに入ったものなどさまざまです。

ティッシュ付きのチラシ

冊子なども可能ですが、ビニールに入ったティッシュが付属したチラシなどもポスティングできます。

スティングは一方的にお店や企業が販促のために、ポストに入れるだけのイメージもありますが、行政関係のものも配ったりします。地域の情報などになります。

こうやって、色んなものがあると知るとイメージのいいものと悪いものもあるなと思います。配られる側としては、毎回毎回同じチラシが入ってることもあるわけですから、あまりいい気分ではないかもしれません。

配ってる僕ですら、何日かポストの中を見ていないで、久々に開けた時は結構な量が入っているわけなので、ちょっと捨てるのは大変だなってときもあります。

マンションなんかは、ゴミ箱置いてあるからいいですけど、あまり管理されていないアパートなんかは自分で持ち帰らないといけないですから、ゴミが増えることになりますね。と言っても必要なものもあったりするので入れないでとまではしません。クーポン付きのものなど入っていたりしますしね。

あと、ピザやカレーは目に入るとつい見て食べたくなっちゃいますね。あー久々に今週の休みにでも食べようかなとか。書いてたら食べたくなってきました。

なにかと、タイミングやキッカケは重要だなと思わされます。