読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポスティングバイトのブログ

チラシを配布するポスティングのバイトのブログです。

ポスティングバイトのマナー

ポスティングバイトのこと

スティングは自由な部分が多い仕事ですが、配付中の行動などには注意が必要です。

基本的に外で一人で行うバイトになるので、誰も見ていないと思って仕事だということを忘れてはいけません。

今回はポスティングのマナーについて考えてみました。

バイト中のマナーは?

スティングバイト中に戸建てやマンション内で住人と会ったときは、軽くでも挨拶をするべきでしょう。

スティングはこちらから一方的にポストへチラシを入れさせていただいているものになりますので、ポスティングしていることになんか文句あるのかといった態度をとってはいけません。

戸建てであれば、投函している時にそこ住人とあったら、このようなチラシを必要か確認するとよいでしょう。

また、集合住宅でも狭いメールコーナーで住人とすれ違ったり、郵便物などを取ろうとしているようなときなは、挨拶や邪魔にならないよう気をつけるようにしましょう。

スティングしていいか確認

マンションなどの集合住宅では、管理人さんがいることがあります。その際にいるにもかかわらずだまって入ってポスティングをしてはいけません。管理人さんへ必ず声をかけて配布可能か確認を行いましょう。

また、入口などに強めの警告文が表示されている場合があります。ポスティング禁止や関係者進入禁止に加えて防犯カメラで撮影、罰金、警察に通報など強く警告されている場合はあきらめて立ち去ったほうがいいでしょう。

場合によっては大きなクレームを招くことにもなりかねないので注意が必要です。

バイト中の態度

スティング中は街中を歩るくので、仕事中と自覚して行動しましょう。それも普段不快に感じるような行動を仕事中にしていたら、ポスティングバイトのイメージを悪くするだけです。

そうでなくても、あまり世間からポスティング自体のイメージは良くないですよね。

不快な行動などは、書くまでもないことが多いですが、唾を吐く、タバコ、立ちションなど、このような行為は十分に気をつけましょう。

ながらポスティングはだめ

例えばイヤホンをらしながら音楽を聴く行為ですが、ウォーキングとは違い仕事をしているので、音楽を聴きながらのポスティングを禁止しているところは多いです。

オフィスで有線の音楽聴くのと何が違うかと思われるかもしれませんが、街中を移動しているので、自転車と同じように周りにも気を配る必要があります。

特に注意が必要なのは自転車、歩行者とぶつかってしまったりなどしたら、怪我をしたり相手側に怪我をさせてしまったら大変です。

それだけでなく道を地図で確かめながら禁止物件に気をつけたりと、集中力が必要です。

そういったことから、音楽で耳をふさいでる状態は危険なのできをつけましょう。

服装にも注意 

スティング中は見た目なども最低限の身だしなみは必要です。極端に汚れたボロボロの服装などは控えたほうがいいでしょう。

ポストにチラシを配らせてもらっている立場としては、住人へ不快な思いをさせないための最低限のマナーは必要になります。常識の範囲での服装を心がけた方からいいでしょう。

マナーを守って気持よくポスティング

自由度の高い仕事のせいか、実際に今回ご紹介したようなケースはあるようです。ひどい時にはクレームに繋がることもあるので、仕事をクライアント様のチラシを代行して宣伝していることを忘れてはいけません。

スティングのマナーを守って気持よくバイトしましょう。

 

ポスティングでウォーキングしてダイエット

スティングバイトの人気の理由の一つとして、アルバイトしながら痩せるるといったメリットがあります。女性はダイエット目的で、やっている人もすくなくないです。

ダイエットはそれなりの覚悟が必要ですから、継続してできなければ効果は出ませんよね。それに、どうせ運動したり食事減らして我慢して辛い思いするなら、働きながら稼ぐのはとても効率もいいです。

スティングは大変なバイトではありますが、正直ダイエットとしてはウォーキングよりも痩せると言っていいでしょう。

スティングバイトのウォーキングで、どのくらいダイエット効果があるのでしょうか。

バイトだからダイエットを続けられる

みなさんも経験あるかと思いますが、決意を固めてダイエットを初めたけど、ついついウォーキングするのをさぼって、結果三日坊主なんてことありませんか。そう、継続することがとても大変なんですよね。なにか我慢できてもこれが続かないとか、人に合ったダイエットの仕方もあるかと思いますが、ウォーキングを選んだのであれば定期的に行わないと効果は出ませんよね。

それが、ポスティングであればウォーキングの倍以上の運動量を継続してできるのは大きなメリットではないでしょうか。このバイトはつらい仕事でもありますが、痩せようという決意があればやるきもでると思いますし、仕事をしているだけで自然に痩せていけます。それも、バイトなので給料がもらえるのですから、つらいダイエットをやっているけどお金も入ると思えば、痩せたときの自分へのご褒美に使うことだってできますよね。

また、バイトしてお仕事として受け持っているわけですから、軽い気持ちで投げ出すようなことができませんので、ダイエットの覚悟で取り組めばいつの間にか、仕事にも慣れて体もスリムになってるんじゃないでしょうか。

スティングはウォーキングより効果的

ダイエットでのウォーキングって、初めてだと30分。慣れて来て一時間とかぐらいでしょうか。一時間歩くって結構大変ですよね。

ウォーキングは有酸素運動なので、止まらず常にあるき続けるから効果があると思いっている方も多いと思いますが、30分を二回に分け15分づつ運動するのとどちらもあまり違いはないんです。

そうなると、ポスティングはポストにチラシを入れるとき止まりますが、このくらいは全く問題ないといえますね。それも、消費カロリーは体重が重いほど多くなるので、チラシをリュックやバックにたくさん入れてあるくポスティングはカロリーの消費も多くなります。

さらに、歩くだけでなく階段の上りもあるので、ウォーキングより負荷のかかる運動です。ポスティングバイトの最大のダイエット効果ともいえるのが長時間歩くことです。ウォーキングなら一時間もあるけば充分でしょうが、ポスティングでは少なくても一時間以上から2時間、3時間は当たり前なので、それだけカロリーの消費も激しいといえます。

チラシを持ったりなどで、腕の引き締め効果もありますし、チラシを持って歩くので、足腰も鍛えられて自然に引き締まったリバウンドしにくい体型を手に入れることができてしまいます。

さいごに

これから、ウォーキングして痩せたいと考えているけど、一歩ふみだせないようでしたら、ポスティングをやってみるのも一つの手だと思います。普通にダイエットして辛い思いするよりも、収入も増えて利用の体型まで手に入れられるのでその達成感は大きいと思いますよ。

東京のポスティング事情

日本全国の各地でさまざまなポスティングが行われていますが、その中でもやはり東京都でのポスティングが一番多くのチラシなどの宣伝が行われています。

また、ポスティング会社も東京には多く存在していると言えるでしょう。

ここ数年で本格的なマーケティングを取り入れ、チラシなどを使用した宣伝方法としては人気がありますが、現在のポスティングが選ばれる理由は、どのようなものなのでしょうか。

日本全国でもポスティングの利用率が集中する東京でどのようなポスティングが行われているのか書きたいと思います。

東京エリアは激戦区

説明は不要といえるくらい東京の人口密度は多く、特に都心部周辺の23区エリアを初め栄えている街でのポスティングはとても需要が多いようで人気です。

それだけ、ポスティングの利用率も高いため配布する業者の数もトップです。小さな会社から有名所までさまざまな会社が配布を行っています。

以前に比べて協会や組合の設立により、ポスティングへの世間のイメージはよくなってきているようですが、まだまだ適切な値段で配布を行っていない会社は多いようです。

配布を代行している会社は大変多く、業界で推奨する配布の品質を無視したポスティングを行っている会社は大変多いようです。

実際、業界の人ですら把握できないくらい大小のポスティングを会社がそんざいするのが事実です。

優良業者を見極めるのは大変なことですが、安すぎる価格や会社の対応と提案力などを確かめるなど、ある程度の知識をもって業者を選ぶことは、失敗しないためにも知っておく必要があると思います。

進化した次世代ポスティング

ただチラシを配布するだけでなく、マーケティングやデータ分析にも力をいれているポスティング業界ですが、近年では綿密な選別配布が主流になってきています。

そのひとつとして、アパートやマンションの建物自体を指定できるマンションポスティングも人気の配布プランです。ダイレクトメールと遜色ないターゲティング力はとても効率よく効果の高いポスティングが実現します。

また、東京の都心部では一般的にチラシなどをポストへ投函することを禁止している高級マンションへのポスティングができるプランがあります。

とくに富裕層を狙ったさーびすの広告で利用されているようです。

東京でポスティングするならWebで業者探し

東京でのポスティング会社探しですが、Webを利用することをおすすめします。

スティング業界はネット集客の浸透が遅いようで、今だに古いウェブサイトで運営している会社が多いです。宣伝を行う会社として、マーケティングなど日々最新の情報に目を向けることは必要な事なので、ウェブサイトに積極的に力を入れている会社はマーケティングなど期待できるかもしれません。

Googleで検索して上位に表示されているからといって、優良な会社と考えるのは早いです。利用する側はわからないとは思いますが、しっかりとしたサイトを構えていても問題のある会社もあるので注意が必要です。そのようなときは、会社名で直接検索してみることも重要なので、合わせて会社名での調査もするようにしましょう。

規模は大きいのに組合に所属しているかという点もポイントです。そのような、会社はすでに大きな力を持っていて、会社独自のポスティングを行っているため業界の人間でも内部事情がわからないので利用してみるまでわからないといった、怖い点もあります。

東京のポスティング会社などに限らず、どこでもいえることでわありますが注意は必要でしょう。組合などでは積極的に各社の検査を行っているので不正な疑わしいことを行っている会社は組合には存在しません。価格の相場や配布の体制などの確かめてみるのも良いかもしれません。

最終的な判断はここだと思ったところに思い切って相談してみましょう。ウェブサイトでうたっている強みやサービスなど、どのような対応や提案をしてくれるのかそれらを実際に確かめてみると良いでしょう。

品質の高いポスティングを行っている会社は、地域情報やマーケティングにも詳しく、親身に提案をしてくれますので、色々と相談してみる価値はあります。

東京のポスティング会社

いくつか東京エリアのポスティング会社をご紹介したいと思います。

ラクスル

CMでも知っている方も多いかともいます。手間のかかるデザインから印刷、そしてポスティングまでを手軽にwebで注文できます。ただ、簡単に発注できる分、自分で判断する部分が多いのでそういった意味では手間はかかるかもしれません。価格も枚数などに応じて安くなったり、少部数からも対応しているようです。

ポスティング(印刷+配送) | ネット印刷のラクスル

 

オレンジネット

東京エリアでポスティングをメインに行っている会社です。組合所属で品質や管理に力をいれています。さまざまな配布プランがよういされていて、ポスティング専門なのでエリアにも詳しく配布戦略について相談できるでしょう。

ポスティングなら東京の品質と信頼のオレンジネット

 

アクティヴィジョン

東京世田谷区のポスティング会社。メインエリアの地域密着から全国までポスティング対応。GPS管理からGISポスティンにも対応しています。

全国のポスティングなら株式会社アクティビジョン

 

トーカンエクスプレス

デザイン、印刷から対応可能なポスティングを会社です。他のも販売促進サービスを行っているので幅広く相談できるでしょう。

ポスティングを中心とした販売促進のトータルサポート - TOKAN EXPRESS

さいごに

確実に最高のポスティング会社を探すことは難しいですが、優良業者の割合は多いのでしっかりとポイントをおさえて探せばよい会社に巡り会えると思います。

これらの、配布方法や会社選びに気をつけて、東京でのポスティングを成功させましょう。

ポスティングバイトってそんなに割に合わない仕事?

スティング・チラシ配布のバイトに興味を持って、これから始めようと考えている人もいるかと思いますが、ネットでポスティングバイトなどで調べると、悪いイメージ内容が多いので、心配になっている方たちは多いんじゃないでしょうか。

実際どうなのかと思いますが、他の会社の話をきたりするとそのような会社は実際にあるというのが現状です。 そんな会社を見極めるためには、しっかりとした会社がどようなところなのか知っておけば、募集・面接時で判断することができます。

配布スタッフの契約形態にはさまざまなものがありますが、移動型というタイプのものがあります。このタイプは、会社にもよりますが、勤務先の事務所までチラシを取りに行きそこから自転車屋バイクを利用して、指定されたエリアへ移動して配布します。 基本的には、その日に与えられたチラシをその日中に配り切り、事務所へ帰って報告するといったおしごとになります。

ここでは、移動型の配布スタッフとして、お仕事をした時どのような仕事内容になるか、本当に割に合わない仕事なのか書きたいと思います。

募集広告ではどう書いてある?

スティングのバイトのほとんどが、完全歩合制になるとおもいます。 単価が書かれていても、なかなかイメージがつかないと思いますが、チラシの単価はその時のチラシの種類など組み合わせによって変わるので、単価が低いものから高いものがあります。実際に働いた場合の例が書かれているとわかりやすいと思います。

注意したいのが、頑張り次第では月に30万も稼げるといったようなことが書いてある場合は気をつけて下さい。これだけの金額を稼げる人は、配布スタッフが100人程いる私の会社でも、二人くらいです。

勤務にっすも、チラシの数もかなりの量になると思ってください。詳しい単価は面接時に確認しましょう。 単価が安すぎるところは、クライアントからの受注も安く請け負っていることになります。

募集会社のHPを確認して、あきらかに平均より低いような単価で謳っていたりしたら注意しましょう。 その他には、寮完備とうところもありますが、あまり良い話は聞かないので軽い気持ちで入るのはやめましょう。

採用になってから仕事を始めるまで

しっかりとした会社では採用となったら、実際のお仕事を始める前に研修を行って、配布の仕方などを学びます。

採用になって、研修もなくじゃあ明日からみたいなことになったら心配になりますよね。なにもわからないまま、勤務先に行って簡単な説明を受けてチラシを渡されてるとういうことがあったら、その会社は配布システムが整っていないといえるでしょう。

また、勤務する事務所から近隣での仕事をしますが、自転車でも20分前後掛かる場所もあります。バイクだと30分前後のところもあるといえるでしょう。

それ以上を超えるような、自転車の移動だけで一時間となると、さすがにおかしいと思ったほうがいいかもしれません。

会社によっては、バイクメインでお仕事するところもありますが、毎回レンタルするタイプなどはレンタル料金とその日稼げる金額を考えて使用しましょう。

スティング専用にカスタマイズされた大容量のチラシを詰めるものなど、さまざまなので自転車でやった場合の移動時間なども考えてどちらが効率が良いか比べてください。

スティングの実際のお仕事

アルバイトでも研修期間などがあるように、経験者でないのに初日から量の多い配布はしません。研修で地図の見方など配布の仕方を教えてもらってるとはいえ、それなりに慣れは必要ですし、毎回同じとこを配布するわけではありませんので、ある程度の量を配布できるまでは順を追って増やしていくのが普通でしょう。

エリアによっては配りづらいところがありますが、誰がどこを配布するかは内勤の人が予定を組むので、毎回つらいとこだけ当たるとういうことはありません。人によって、このエリアはやりづらい、嫌いといった個人での差もありますが、基本的にはスタッフさんみんなの負担が均等になるように配慮されています。

与えられたチラシをはやく配りたいと思うでしょうが、各エリアには世帯数に対して配布予定数というものがあり、どれだけ配布ができるかというのは過去のデータからもしっかりとした数字がわかるようになっています。

実際に配布できる数はカバー率といい、一般的には軒並み配布で7〜8割くらいです。 配布予定数があるということは、早く配ろうとしてマンションだけ配れば良いというわけではありません。

配布方法によりますが、マンションも戸建ても含めての数になります。 また、マンションには管理にさんがいることがあるので、配布できないことがあります。このような場合は配れるマンションは会社側が把握しているので、拒否されて配布できなかったとしても悪いことではないので安心して下さい。

過去にクレームがあって禁止になっているマンションや家は、配布禁止物件となっていて地図上に記載されていますので、この場所には気をつけましょう。

ホントに割に合わないバイト?

きつい会社があることは事実ですが、ポスティングが割に合わないひどい仕事かというと、そうでは無いといえます。 お仕事はシフト制のところもあるので、ただ稼ぎたいと無計画にシフトを入れなければ、時間に見合った分のお給料をもらえます。

スティング自体が、どちらかというときついお仕事の部類にはいるので、人によっては合う合わないとういのはでてくると思います。とはいえ、他のアルバイトでもこようなことは言えることですし、きついと思える仕事もポスティング以外にもたくさんありますよね。

会社によって、そのお仕事内容や環境によって差がありますが、自分がどれだけ稼ぎたいなど、しっかりと計画をたてて会社を選んでみてください。 今回ご紹介した内容を抑えて気をつければ、ネットで書かれているようなところで大変な思いをしないかと思いますので、参考にしていただければと思います。

ポストの場所と形や口

スティングでは、ポストにチラシやカタログなどを入れることが基本的なお仕事の内容になります。地図上でどこの家のポストへチラシを配るのかといったことが、重要になるのですが、それだけではなく、ポストの場所も気をつける必要があります。

家があるからといってポストがすぐ見つからない時も

地図上ではどこへ配布するかはわたっていて、実際にその場所に行ってみても、まれにポストがどこにあるのかわからないということもあります。

一戸建てでは、場所によっては正面玄関の部分になかったりします。また、玄関の庭先へと入る扉を開けなければならないようなところもあるので注意が必要となります。このようなときに、特に注意が必要なのは、犬が庭に放し飼いになっているということがあります。実際に犬に噛まれそうなったという人もいるので、ちょっと怖いですよね。

事業所などに配布するときも、どこにポストがどこにあるのか探すことは多いかもしれません。マンションでは、オートロックになっているところや、大きなところではエントランスホール部分にわかりやすくポストがあるというわけではないので、探すことも結構あるものです。

ポストの形や入り口

それと、場所だけでなく実際にチラシをポストに入れるときに、そのポストの形状や入れる口によっても配布の時に注意が必要です。ポスティングの時に配布の効率に、結構影響するのがこれです。

ポストにはさまざまな形のものがあるので、チラシを入れやすいや入れにくいの違いもあります。それもそのはずで、ポストを作る会社は、郵便物やチラシの入れやすさを考慮して作られているわけではありませんから、これはしょうがないことですね。

ポストを選ぶときに一番重視されていることは、デザインですね。家の外観と合わせた雰囲気とマッチたデザインのポストを選んでいるのでわないでしょうか。多い人であれば、毎日チェックするものなので、容量は関係ありません。あとは、強い雨でもポストの中に雨が入らないようにというとこは、重要かもしれません。

みなさんも、ポスト見かけたら気にしてみてくださいね。

ポスティング会社選び

お店や企業を経営している方や、イベントなどの告知でチラシを使った宣伝はとても効果があります。新聞購読率が減っきたことから、チラシを利用した宣伝手法としてポスティングの利用率は増えてきてます。

昔からポスティングは本当にチラシを投函しているかわからないといったことを言われてきましたが、最近ではスタッフにGPSを所持することを義務付けている会社も多く、不正がないように対策をしています。

会社自体も業界のイメージを回復するために組合に所属するなど業界で品質を上げる取り組みを行っていますが、まだまだ安心できるとは言えないでしょう。

反響を確実に獲得するには、ポスティング会社を選び方が重要となるでしょう。

スティング会社へ依頼

はじめてのポスティングで良い会社を選ぶことは、難しいというわけではないと思います。優良会社にはそれなりの特徴があるので、そこに気をつけて探すと良いポスティング会社にめぐりあることができるかもしれません。

ではどのような点に注目して選べばいいかというと、品質を重視した会社は安心と言えるでしょう。適正な価格で提案や管理がしっかりとしていると安心です。単純なことのように思えるかもしれませんが、激安などを売りにして品質の低い配布でクレームになったり、

チラシは人の手で配布するものですし、配布をしているときはひとりになるので、不正が起こることが懸念されたります。また、配布の仕方でも気をつけるところがあり、綺麗に配布するなど細かい部分で注意することがあります。

わたしたち、スタッフが募集される部分でも注目すべき点があります。たとえば、短期バイトや日雇いなどでポスティングスタッフを募集しているのは心配です。しっかりと、個人で面接をして研修を行い、その会社のポスティングを教育された配布員とは差があるのがわかるかとおもいます。

このように、基本的な部分に力を入れている会社は、価格で勝負してないので信用できるのではないでしょうか。わたしたち、スタッフも会社の研修を受け、ポスティングがどれだけ重要なものなのかを学んだ上でお仕事をしているので、それだけちらしを配布することは責任のあることなのなんだなと思いポスティングをしています。

業者・会社は多い

この業界、スティング会社はとても多いです。その中で大半の会社が組合などに加入していないようです。組合ではポスティング業界の品質向上に取り組んでいるところもありますので、所属会社に対する外部監査を行ったりと積極的に、不正の無い配布システムを行うように取り組んでいます。

検査を拒否して脱退したといった会社も存在するよなので、組合に所属していないところは注意が必要かもしれません。

どのようなことがポスティングとして品質の高い配布なのか、理解しておかないといいかげんな配布をするところもありますので、しっかりとポスティングについて知っておくことが大事です。

激安・格安すぎるポスティングは注意

なぜ価格が安いと注意が必要なのかというと、受注した単価から配布員へのお給料も決まるため、安すぎる単価となると適正な価格なのか疑問になります。

会社が適正な価格で仕事を受けていないとすると、どのようなことが起きるのでしょうか。単純に考えてなにかのコストを下げたりすることが必要となります。

この業界は各社の料金表を見ればあるていどの相場がわかるかともいますが、安く仕事を受けているとこも多いといえるでしょう。

価格が低いほど、品質が下がると考えるべきです。印刷とポスティングをセットにして割引や配布期間やエリアをおまかせなどは、会社としてメリットのある仕事なので配布スタッフの給料にも影響なく割引が可能ですが、初めから安いことを売りにしているところには、しっかりと管理体制などを確認したほうが良いでしょう。

配布スタッフへの報酬が少なくなれば、不満が生まれてきます。そうでなくても、完全歩合が多いこの仕事で、時間や労力に見合った給料が支払わなければ不正などの起きる心配もあります。

必ず一定の品質を保つには、人件費が必要となってきます。それを無視したかのような価格設定を行っているとうことは、本来行うべき工程をはぶいてる、一部のチラシを配布していないなど、そのような非常に悪質なことしているのではないかと疑われてもしょうがないと言えるでしょう。

以上のようなことも踏まえたポスティング会社探しをすることで、集客に失敗しないことを防ぐことができるかと思います。反響どころか悪質な会社にあたってしまっては、せっかくの宣伝広告費を捨てるようなものです。会社選びは十分気をつけて行うようにしましょう。

ポスティングするときは地図は必須

スティングを配るときに、必須になるのが地図です。会社にもよりますが、その時お仕事する配布の指示書と一緒に自分が担当するエリアの地図が付属されています。

その地図を必ず使用してチラシを配布します。 ポスティングをするうえで地図がどれだけ重要なものかを書きたいと思います。

なぜポスティングに地図が必須なのか

この地図には自分が担当するエリアの詳細な情報が記載されています。一般的にゼンリンの地図を使用している所が多いかと思います。

一軒家から集合住宅、細い路地まで詳細に情報が記載されているので、地図を使用してポスティングをすることで、綿密な配布をすることができます。

地図を見て注意する点は、自分の担当以外のエリアに配布してしまうと、他の人が配布しているエリアや必要のエリアに配布してまうことになり、二重配布となってクレームの原因となってしまします。

そのようなことにならないように、しっかりと自分のエリアを地図で把握する必要があります。 次にとても重要なことですが、禁止物件というものがあります。

この物件は住居者の方から自分のところにはチラシは配らないで欲しいと言われたり、注意を受けて拒否されている場所などが記載されています。

そのため、地図上で禁止とされている場所には絶対に配布をしてはいけません。必要のないと言っている人のところにポスティングしてしまえば必ずクレームとなりますので、とても注意が必要です。

その他にも、配布方法によっては配布をする場所や建物を指定されているので、その指定されてい箇所が記載されています。指定物件などは、その物件だけに配布して欲しいといった、マンションなどを指定したものなので、地図のマンション名などをしっかりと確認して配布する必要があります。このような、細かい選別ができるのもポスティングの魅力です。

どんなに慣れた地域でも地図は必要

配布スタッフの種類で、固定型という自分が住んでいる周辺の地域を主に担当するタイプがあります。このスタッフさんたちは主婦の方や定年退職した方などが多く在籍していて、主に自分の住んでいる周辺の地域を定期的に配布します。

そのため、同じ地域を担当する確率が多くなるので、地図を見なくても配布できるくらいに慣れてきます。また、固定型に限らす、経験の長いベテランのスタッフさんも同様です。 しかし、地図は必ず使用してポスティングをしなければいけません。

どんな慣れた地域で、地図を見なくてもエリアの範囲も禁止物件も把握していても、ミスは起こります。 実際に、ベテランさんでうっかりして禁止物件に入れてしまうことは稀にあります。

そんな一回の禁止物件への投函が、大きなクレームへと繋がるとこもあるので油断はできません。 地図をこまめに確認していても、チラシを投函しているのに集中してしまうので、気がついたら入れてしまったということもあるくらいですので、常に地図と自分の現在地を確認しながら注意することが必要です。

スティング終了後の報告

地図は確認するだけでなく、どこをポスティングしたか蛍光ペンなどでマーキングをしなければいけません。

マーキングしながら行うことで配布中の自分の場所も把握することもできるので、二重配布や禁止物件への配布を防ぐことができます。

スティング終了後にマーキングをした地図は報告書と一緒に提出します。また、この地図をクライアントに提出する場合もありますので、破損や紛失しないように注意しましょう。

さいごに

スティングをするうえで地図がどれだけ重要なのかおわかりいただましたでしょうか。 地図がなければポスティングはできないといっていいでしょう。 地図の情報をしっかりと確認してミスのない配布を心がけたいですね。